鋭い石柱の壁が続く、シベリアのレナ石柱国立公園 33P 2V

レナ河川柱は、ロシアの極東シベリア、レナ川の河畔に林立する石柱の壁。
川岸に沿って切り立った石柱の崖が続き、高さは150-300mに達する・
このような石柱が形成されたのは、カンブリア紀と考えられている。
およそ50万ヘクタールにも及ぶ広大な公園は、石柱が林立する地域と、マンモスや古代バイソンなどの化石の宝庫であるTukuklan地域と、大きく2つの部分に分けられている。
冬はマイナス60°、夏な40°という気温差を持つ厳しい自然環境のため、交通手段が非常に少ない。

lenapillars01

lenapillars02

lenapillars03

lenapillars04

lenapillars05

lenapillars06

lenapillars07

lenapillars08

lenapillars09

lenapillars10

lenapillars11

lenapillars12

lenapillars13

lenapillars14

lenapillars15

lenapillars16

lenapillars17

lenapillars18

lenapillars19

lenapillars20

lenapillars21

lenapillars22

lenapillars23

lenapillars24

lenapillars25

lenapillars26

lenapillars27

lenapillars28

lenapillars29

lenapillars30

lenapillars31

lenapillars32

lenapillars33

Source