カツオノエボシって、こんな不思議な、コワイものだった 23P

カツオノエボシ(鰹の烏帽子)は、刺されると電気ショックを受けたような感じになるため、別名電気クラゲとも呼ばれている。
カツオの季節に現れて烏帽子に似ているので、カツオノエボシと呼ばれる。
英語では、姿が似ているのでPortuguese Man O’ War(ポルトガルの軍艦)と呼ばれている。
カツオノエボシはクラゲではなく、ヒドロ虫の群体で、自らは泳ぐことができないので、半透明の青い浮袋で浮かんで流されることによって移動する。
長い触手には強力な毒があり、刺されると死に至る危険もある。
海岸に打ち上げられていても、触ると危険だ。
実は、カツオノエボシって名前だけは知っていて、こんな生物だとは思ってもいませんでした。

portuguesemanowar01

portuguesemanowar02

portuguesemanowar03

portuguesemanowar04a

portuguesemanowar05

portuguesemanowar06

portuguesemanowar07

portuguesemanowar08

portuguesemanowar09

portuguesemanowar10

portuguesemanowar11

portuguesemanowar12

portuguesemanowar20

portuguesemanowar21

portuguesemanowar22

portuguesemanowar23

portuguesemanowar24

portuguesemanowar25

portuguesemanowar26

portuguesemanowar27

portuguesemanowar28

portuguesemanowar29

portuguesemanowar30

Source, Source