クロアシネコは、飼い猫のように可愛くても、伝説的なハンター 23P 2V

クロアシネコは、肉食動物の中でもあまり知られていなくて最も神秘的な動物の1つで、世界最小のネコ科の動物でもある。
生息地は、ナミビア、南アフリカ、アンゴラ、ジンバブエなど南部アフリカに限定されている。
チリ南部のコドコド、インドとスリランカのサビイロネコと共に、野生の猫のなかで最小であると考えられている。
オスの体長は50cm、メスは40cm、尾の長さは8-20cm程度で、保護色で獲物から見えないように、夜間に餌をとる。
蟻塚や、ツチブタやヤマアラシの巣穴に住み着くので、”蟻トラ”とも呼ばれている。
クロアシネコは疲れを知らないハンターで、小型の哺乳類、ネズミ、鳥、昆虫、爬虫類などを求めて一晩で25kmも移動する。
2倍も背の高い獲物にもひるまず、ガンやウサギも獲物の対象となる。
砂漠に住む他の動物と同じように、獲物から水分を吸収し、長時間水なしでも狩りを続けることができて、どんな気候条件でも一晩中狩りをしている。
クロアシネコのハンターとしての能力は伝説的になっていて、ブッシュマンは、クロアシネコはキリンさえ倒せると信じ、崇拝している。
他の動物の罠にはまったり、生息地も少なくなってきているので、個体数は減少し、凍結胚による体外受精などが試みられている。

blackfootedcat01

blackfootedcat02

blackfootedcat03

blackfootedcat04

blackfootedcat05

blackfootedcat06

blackfootedcat07

blackfootedcat08

blackfootedcat09

blackfootedcat10

blackfootedcat11

blackfootedcat12

blackfootedcat13

blackfootedcat14

blackfootedcat15

blackfootedcat16

blackfootedcat17

blackfootedcat18

blackfootedcat19

blackfootedcat20

blackfootedcat21

blackfootedcat22

blackfootedcat23

Source