ボリビアの頭蓋骨の日という風習 30P 1V

ボリビアでは毎年11月に、Natitas(頭蓋骨の日)という祝日がある。
ボリビアでは、縁者の頭蓋骨は幸運をもたらすお守りであると信じられている。
ボリビアには、伝統を保持しつつボリビア風に変換された、奇妙なカトリックの儀式がたくさんある。
お守りとしての死者の頭蓋骨は大事に保存され、毎年11月に頭蓋骨を祝福することで、より幸せをもたらすと考えられている。
頭蓋骨の日は、プレヒスパニック時代からこの地で行われていたインディアンの儀式と、カトリックの信仰が共生したもの。
頭蓋骨の周りには、花や花輪、ビーズ、サングラスなど考えっれる限りの装飾が施されている。
祭りの期間は、頭蓋骨には酒、煙草、コカの葉が供えられる。
ボリビア人は、人間は7つの魂を持っていると信じていて、そのうちの1つが埋葬後に頭蓋骨に残っている。
頭蓋骨を粗末にすると、不作の原因となったり、家族に不幸が訪れたりするという。

Natitas-festival

Natitas-festival2

Natitas-festival3

Natitas-festival4

Natitas-festival5

Natitas-festival6

Natitas-festival7

Natitas-festival8

Natitas-festival9

Natitas-festival10


skull01

skull02

skull03

skull04

skull05

skull06

skull07

skull08

skull09

skull10

skull11

skull12

skull13

skull14

skull15

skull16

skull17

skull18

skull19

skull20

Source, Source