1920年代の実験的写真の先駆者、ハインツ・ハエック=ハルク 20P

ハインツ・ハエック=ハルクは、ドイツの写真家、イラストレーター、ドイツのモデルメーカーで、一般の人にはあまり知られていない。
異なる画像を組み合わせて、新しい芸術の方向性と概念を使用した、写真の歴史の中でも真の革命を行った先駆者の一人だった。
写真を操作するさまざまな技術を開発し、1920-1930年代には大きな成功を収めていた。
彼が望んでいたのは、現実を開放して変容させ、個人的で詩的なヴィジョンを提示することだった。
フォトモンタージュとは、まず彼のためのもので、写真的な技術を開放する方法で、「芸術表現の手段を拡大する大きな可能性」であった。
(出典:ポンピドー·センター)
ハインツ・ハエック=ハルクは二度結婚したが子供がなく、他の家族とはほとんど接触がなく、彼の作品にも何の興味も示さなかった。
そのため、彼の親しい友人であるマイケル・リュッツ(Michael Ruetz)に契約を与え、マイケル・リュッツが唯一の著作権保持者となった。

heinz-hajek-halke-01

heinz-hajek-halke-02

heinz-hajek-halke-03

heinz-hajek-halke-04

heinz-hajek-halke-05

heinz-hajek-halke-06

heinz-hajek-halke-07

heinz-hajek-halke-08

heinz-hajek-halke-09

heinz-hajek-halke-10

heinz-hajek-halke-11

heinz-hajek-halke-12

heinz-hajek-halke-13

heinz-hajek-halke-14

heinz-hajek-halke-15

heinz-hajek-halke-16

heinz-hajek-halke-17

heinz-hajek-halke-18

heinz-hajek-halke-19

heinz-hajek-halke-20

Source