20世紀に撮影されイメージを一新した、アフリカの印象的な写真 11P

LIFE誌の写真家、エリオット・エリソフォン(Eliot Elisofon)の没後40年を記念し、スミソニアン博物館ではこの伝説的な写真家の回顧展を開催。
第二次大戦後の数十年間アフリカを撮影し続けた
彼は戦場カメラマンとして、1947年にカイロ、ケープタウン、南アフリカまでの4ヶ月間の旅などを含め11回アフリカに撮影旅行を行った。
彼の写真は、不正確な情報から培われていたアメリカ人のアフリカに対するイメージを一新した。

ケープ・コーストの漁船、ガーナ、1970

Fishing boats by Cape Coast Castle, Cape Coast, Ghana, 1970.

メムノンの巨像、テーベのネクロポリス、エジプト、1965

Colossi of Memnon, Necropolis of Thebes, Egypt, 1965.

村長の第一婦人、Mendje村、コンゴ民主共和国、1970

eliot -elisofon-03

Gungu近くの仮面舞踏、コンゴ民主共和国、1970

Pende Minganji maqueraders, near Gungu, Democratic Republic of Congo, 1970

ルウェンゾリ山地の雪に覆われた頂上、コンゴ民主共和国、1970

Snow-capped peaks, Ruwenzori Mountains, Democratic Republic of the Congo.

粘土の型にワックスを塗る金属細工士、コートジボワール、1972

eliot -elisofon-06

クマシ近くの女性陶芸家、ガーナ、1971

Women potters near Kumasi, Ghana.

首長、Mushenge、コンゴ民主共和国、1947

eliot -elisofon-08

アートスクール、Mushenge、コンゴ民主共和国、1947

Mushenge Art School, Mushenge, Democratic Republic of the Congo, 1972.

エヌグの炭鉱の労働者、ナイジェリア、1959

Workers at Ekulu coal mine near Enugu, Nigeria, 1959.

Miango村の踊り、ジョス高原、ナイジェリア、1959

Irigwe dancers, Miango village, Jos Plateau, Nigeria, 1959.

Source