パコ :コカイン廃棄物から精製された、南米の貧者のドラッグ 23P 1V

アルゼンチン、チリ、ブラジル、ペルーの数千人の若者を殺しているドラッグ。
2000年代初めに、ブエノスアイレスのスラムから発生したが、現在では近隣諸国に広がている。
パコは、さまざまな有害物質が混じったコカイン生産の残留物から作られる。
1回分のパコは5ペソ(7-80円)程度と非常に安価で入手でき、作用も強いため、貧者の間で急速に広がった。
パコを摂取すると、体重は減少し、歯は崩壊し、窒息などの死亡事故を招く。

paco-01

paco-02

paco-03

paco-04

paco-05

paco-06

paco-07

paco-08

paco-09

paco-10

paco-11

paco-12

paco-13

paco-14

paco-15

paco-16

paco-17

paco-18

paco-19

paco-20

paco-21

paco-22

paco-23

Source