これもフード・アート、名物食材で作った地図 11P 1V

ニュージーランド在住のアーティスト、ヘンリー・ハーグリーブス(Henry Hargreaves)は、ニューヨークのスタイリスト、ケイトリンレビン(Caitlin Levin)と共同で、それぞれの国でよく食べられている食品で世界地図を作成。
この地図を見ると、食材がどのように地球上で移動し、それぞれの国の文化的なアイデンティティを作り出しているかがよく分かる。
日本は海藻ですが、動画を見ると使った食材はおいしく頂いているようです。
彼らが、これほどたくさんの海藻をどのようにして食べてのかが気になります。

南アメリカ、オレンジ

delicious-maps-01

アフリカ、バナナ

delicious-maps-02

オーストラリア、海老

delicious-maps-03

中国、麺類

delicious-maps-04

フランス、チーズとパン

delicious-maps-05

インド、スパイス

delicious-maps-06

イタリア、トマト

delicious-maps-07

日本、海藻

delicious-maps-08

ニュージーランド、キウイ

delicious-maps-09

イギリス、ビスケット

delicious-maps-10

アメリカ、とうもろこし

delicious-maps-11

Source