デブ猫「このッ、ドアのッ、隙間ッ、からッ、入りたいのッ!」

このデブ猫さん、頑張ってます。
どうしても、ここから通り抜けたいようですが。
自分の体の大きさの認識って無いんでしょうかね。