フワモコな羊のようで、しかもおいしいマンガリッツァ豚 8P 2V

マンガリッツァは、肥育能力が非常に高いので、飼育するのに特別な注意を必要としない。
実際にマンガリッツァは、体重の65% 〜70%が脂肪と計測される、世界で最も肥満な豚の一種で、肉質は、世界で一番美味しい豚肉と考えられている。
マンガリッツァの豚肉は、赤みがかっていて、クリーミーな白い脂肪がたくさん霜降り状に入っていて、オメガ-3脂肪酸や天然の抗酸化性が高い。
これは、トウモロコシや小麦、大麦などの自然な食事療法を行っているためだ。
マンガリッツァのラードは、不飽和脂肪が多く含まれているので、
普通の豚より低い温度で溶ける。
19世紀の初めから1950年までは、ハンガリーで最も人気のある豚の品種だった。
マンガリッツァから作られる脂肪、ベーコン、サラミは、欧州市場でも非常に人気が高かった。
しかし20世紀半ばになり、飽和脂肪は健康を害することを知った市場では、ラードタイプの豚の人気は急速に落ちていった。
マンガリッツァは急激に減少し、他のより脂肪分の少ないスリムな豚にとって変わった。
1970年代の終わりには、オーストリアのマンガリッツァ豚は、国立公園や動物園で見られるだけになり、ハンガリーでは、200頭余りの繁殖用の豚が残っているだけになった。
しかし1980年代半ばに、再びマンガリッツァへの関心が高まり、
1994年にはマンガリッツァを保護するためにハンガリー国立マンガリッツァ豚ブリーダー協会が設立された。
続く20年で、スイート・パプリカと伝統的なマンガリッツァ・ソーセージは再びハンガリーの市場で入手できるようになった。
今日では、約8000頭の繁殖豚が毎年6万頭を生産している。
非常に特別な限定された品種であるが、絶滅の危険ゾーンからは免れることができている。

mangalitsa-01

mangalitsa-02

mangalitsa-03

mangalitsa-04

mangalitsa-05

mangalitsa-06

mangalitsa-07

mangalitsa-08

Source