砂丘と干潟の織りなすブラジルの神秘の光景、レンソイス·マラニャンセス 29P 2V

レンソイス·マラニャンセス国立公園は「砂丘の樂園」とも呼ばれる、ブラジル北東部にある、非常に珍しい砂漠です。
広大な砂漠に12mほどの砂丘が連なり、雨水で作られた無数のラグーンが点在する珍しい光景を見せてくれます。
雨季になると1500平方キロメートルの国立公園に無数のラグーンが出現します。
これほどの水があるにも関わらず、植物はほとんど存在していません。
このラグーンでは泳ぐこともできて、有名なラグーンはゴアアズール(ブルーラグーン)とラゴアボニータ(美容·ラグーン)と呼ばれています。
砂漠の周りには車両用の道路があり、四駆でも回れますが、この光景を見て回るには馬とロバが最良の選択肢です。
マラニャンセスはポルトガル語で「マラニャン州の」、レンソイスは、くしゃくしゃのシーツのように見えるので、リネンやシーツを意味しています。

lencois-maranhenses-01

lencois-maranhenses-02

lencois-maranhenses-03

lencois-maranhenses-04

lencois-maranhenses-05

lencois-maranhenses-06

lencois-maranhenses-07

lencois-maranhenses-08

lencois-maranhenses-09

lencois-maranhenses-10

lencois-maranhenses-11

lencois-maranhenses-12

lencois-maranhenses-13

lencois-maranhenses-14

lencois-maranhenses-15

lencois-maranhenses-16

lencois-maranhenses-17

lencois-maranhenses-18

lencois-maranhenses-19

lencois-maranhenses-20

lencois-maranhenses-21

lencois-maranhenses-22

lencois-maranhenses-23

lencois-maranhenses-24

lencois-maranhenses-25

lencois-maranhenses-26

lencois-maranhenses-27

lencois-maranhenses-28

lencois-maranhenses-29

Source