ストリートアートのメッカとなった、ベルギーのゴーストタウン 16P

700年の歴史を持つベルギーの小さな町、ドエル(Doel)は消滅しようとしています。
アントワープ港の拡大に伴い、町は解体される運命にありました。
ほとんどの住民は90年代に開発業者に土地を売却し、町には数百人しか残っていませんでした。
2008年に、残りの住民を避難させるために、100人の機動隊がドエルに派遣され、町は、荒廃した状態になっていました。
そして、たくさんの空き家が、ストリートアーティストたちの巨大なキャンバスになっています。
カラフルで巨大なアートワークは、荒涼とした風景の中で唯一明るく輝いています。

street-art-mecca-01

street-art-mecca-02

street-art-mecca-03

street-art-mecca-04

street-art-mecca-05

street-art-mecca-06

street-art-mecca-07

street-art-mecca-08

street-art-mecca-09

street-art-mecca-10

street-art-mecca-11

street-art-mecca-12

street-art-mecca-13

street-art-mecca-14

street-art-mecca-15

street-art-mecca-16

street-art-mecca-17

street-art-mecca-18

street-art-mecca-19

street-art-mecca-20

street-art-mecca-21

street-art-mecca-22

street-art-mecca-23

street-art-mecca-24

street-art-mecca-25

street-art-mecca-26

street-art-mecca-27

Source