ツチブタは、ブタでも、ウサギでも、カンガルーでもないのヨ〜 8P 2V

孤児のツチブタが、ナミビアの自然保護区で保護されたときはまだ3ヶ月くらいの弱った赤ちゃんでした。
保護施設のスタッフは、シロアリの大好きなツチブタ、リトル・バーキーを毎日散歩させたり、ほとんど毛が生えていないので、夜眠るときに寒くないようにパジャマも用意してもらい、元気に回復しています。
ツチブタは、ブタではなく、ツチブタ目ツチブタ科ツチブタ属という固有の分類を持っています。
耳が長く、鼻も長く、カンガルーのような尻尾を持っていて、毛が生えていません。
ツチブタはアフリカの大部分の地域に生息していますが、捕食者から逃げるためにどこにでも穴を掘るので、地元の農民にとっては厄介な存在です。
ほとんどが牧畜に依存している地元民は、ツチブタの掘った穴から家畜が逃げ出してしまうので困惑しています。
ツチブタの生態は明らかにはなっていないので、保護スタッフたちは、リトル・バーキーの助けを借りてツチブタの誤解を解きたいと考えているようです。

aardvark01

aardvark02

aardvark03

aardvark04

aardvark05

aardvark06

aardvark07

aardvark08

Source