1880年代の日本の、外国人訪問者向け商業写真 24P

ほとんどのヨーロッパ人が入国を拒否されていた時代、1880年にイタリア人の写真家、アドルフォ・ファルサリ(Adolfo Farsari)によって撮影された古き日本の写真です。
ビクトリア朝時代後期のヨーロッパから見た日本の光景は少なからず衝撃的だったようです。
ファルサリは商業写真家で、彼の写真は、日本への外国人訪問者へのみやげものとして販売されていたので、修正レベルがまちまで、彩色も施されていました。
ファルサリはアメリカ南北戦争に従軍した兵士として従軍し、奴隷制度廃止に熱心だったので、彼の作品は彼の平等の思想を表現するものでした。
日本の女性も、男性に従属的な位置にあるものとしてではなく、多くの場合は男性のように自立した存在としてのポートレイトでした。
1885年、彼は日本の写真家、玉村康三郎とのパートナーシップに署名しました。
彼らは共同で、既存のスタジオ、日本写真協会を買収しました。
しかし、二人のパートナーシップは長続きせず、1886年には、ファルサリとトンチョン(中国人写真家)が国内で活動する唯一の非日本人の商用写真家でした。
このようにして撮影されたファルサリの写真は、海外における日本のイメージを作り出すことになり、多くのアーティストにも影響を与えています。

1880-japan-01

1880-japan-02

1880-japan-03

1880-japan-04

1880-japan-05

1880-japan-06

1880-japan-07

1880-japan-08

1880-japan-09

1880-japan-10

1880-japan-11

1880-japan-12

1880-japan-13

1880-japan-14

1880-japan-15

1880-japan-16

1880-japan-17

1880-japan-18

1880-japan-19

1880-japan-20

1880-japan-21

1880-japan-22

1880-japan-23

1880-japan-24

Source