モコっとしたヒマラヤ・マーモットは、地味に可愛くて人懐っこい 22P 3V

ヒマラヤ・マーモットは、小さなカピバラのような体型で、ミーアキャットのように立つのが上手で、食べ物を手に持って食べます。
場所によってはとても人なつっこく、観光客に人気があるようです。
ヒマラヤ・マーモットは3000-5000mの高度にある、チベット高原にのみ生息していて、チベット・マーモットとも呼ばれています。
この高度では空気が薄くなり、普通の人々は気分が悪くなってしまいます。
このような条件がヒマラヤ・マーモットにとって最適の条件で、体重も増加し、夏の終わりには横になって食べなくてはならないほど太ってしまいます。
しかし、このような体型は、太った猫のようなもので、体長65-70cm、体重8-9kgでは捕食者から逃げたりすることができません。
しかしじっと隠れているのが得意で、数百キロもドライブしても1匹のマーモットも見つけることができません。
狩猟犬は辛抱強く巣穴の出口で待っていて、マーモットを捕獲します。
もちろん、人間が帽子や衣服を作るために、年間3万匹ものマーモットを捕獲しています。
マーモットは、危険を恐れて早朝と夕方にだけハーブや花、作物などを見つけて食べます。危険を察知すると警告音を発して巣穴に避難します。
越冬と繁殖のために、乾燥した岩の斜面に大きな連結した巣穴を構築します。
この巣穴で、小さな26gほどの子供を3-4匹出産します。

hymalayan-marmot-01

hymalayan-marmot-02

hymalayan-marmot-03

hymalayan-marmot-04

hymalayan-marmot-05

hymalayan-marmot-06

hymalayan-marmot-07

hymalayan-marmot-08

hymalayan-marmot-09

hymalayan-marmot-10

hymalayan-marmot-11


hymalayan-marmot-12

hymalayan-marmot-13

hymalayan-marmot-14

hymalayan-marmot-15

hymalayan-marmot-16

hymalayan-marmot-17

hymalayan-marmot-18

hymalayan-marmot-19

hymalayan-marmot-20

hymalayan-marmot-21

hymalayan-marmot-22

Source, Source