クロード・モネの庭の花を撮影し、印象派を写真で再現 6P

印象派の絵画と最も関係深い写真の動向は、ピクトリアリズムです。
ピクトリアリズムは、20世紀初めに起こった印象派絵画の理論を写真に導入したもの。
ニューヨーク・ベースの写真家、チェルシー・マクナマラ(Chelsea McNamara)は、フランスのジヴェルニーにあるクロード・モネの庭で開花した花を二重露光で撮影し、印象派のような空気感を現代的に再現しました。
印象派の父、マネの後を追うように、彼の庭を撮影しながら、彼女は可能な限り現実の香りや質感、雰囲気を描画しようとしました。
こちらの写真は、世界中の受賞歴のある写真家やアーティストのハイエンドな商用写真の新しいキュレーション・コレクション、Offsetで見つけることができます。

ジベルニーのクロード・モネの庭、名画の中を実際に散策できる庭 37P 3V

impressionistic-photos-of-glaude-monets-garden-01

impressionistic-photos-of-glaude-monets-garden-02

impressionistic-photos-of-glaude-monets-garden-03

impressionistic-photos-of-glaude-monets-garden-04

impressionistic-photos-of-glaude-monets-garden-05

impressionistic-photos-of-glaude-monets-garden-06

Source