ラルンガル佛学院、4万人の僧侶が暮らす世界最大の仏教の学校 21P 1V

中国のラルン・ガル・ゴンパ(佛学院)には、チベット仏教を学ぶ4万人の僧侶と尼僧が中央の曲がりくねった道によって分かれて生活しています。
テレビは禁止されていますが、iPhoneは許可されているようです。
成都から600km離れた遠隔地にあるこの町は、1980年代に設立されて以来飛躍的に成長しています。
ラルンガル渓谷の緑豊かな丘陵地帯の中に何千もの赤い小さな木の家が建っています。
これらの家はほとんど同じ構造で、1-3部屋で暖房もトイレもありません。
ここセルタ(色達)は、標高3800mあり、僧侶たちは過酷な気候と闘いながら修行に励んでいます。
遠くから来た僧侶たちにとって、祈りは非常に重要な部分を占めています。
チベットのこの地方では鳥葬が行われています。
チベット人やモンゴル人は、霊の転生を信じる密教です。
この地域では地面に燃料や木材が不足していて、岩の多い土地に墓を掘ることは困難でした。
写真家、Wanson Lukは、成都から20時間かけてでこぼこな道を通って到着しまし、この壮大な町の風景を撮影しました。
中でも鳥葬に参加したことが一番衝撃的でした。
この学校へは、台湾、香港、シンガポール、マレーシアなどからも学生が参加しにきています。

largest-buddhist-settlement-01

largest-buddhist-settlement-02

largest-buddhist-settlement-03

largest-buddhist-settlement-04

largest-buddhist-settlement-05

largest-buddhist-settlement-06

largest-buddhist-settlement-07

largest-buddhist-settlement-08

largest-buddhist-settlement-09

largest-buddhist-settlement-10

largest-buddhist-settlement-11

largest-buddhist-settlement-12

largest-buddhist-settlement-13

largest-buddhist-settlement-14

largest-buddhist-settlement-15

largest-buddhist-settlement-16

largest-buddhist-settlement-17

largest-buddhist-settlement-18

largest-buddhist-settlement-19

largest-buddhist-settlement-20

largest-buddhist-settlement-21

Source