ホームレスの子供たち、全米で子供の30人に1人は屋根のない生活 15P 1V

アメリカでは表立ってはほとんど取り上げられない問題の一つがホームレスです。
彼らはベトナム戦争の帰還兵や、路上で援助を乞う身障者ばかりではありません。
彼らは、普通に生活している人々と同じ区分の人達で、車やテントに住んだり、安いモーテルに滞在しています。
ホームレス世帯センター(NCFH)によれば、2014年11月時点で、米国全体で250万人のホームレスの子供がいます。
何らかの介入がなかったら、250万人の子供は慢性的に250万人のホームレスになる可能性が大きいということです。
ホームレスの子供たちは、汚い生活環境、睡眠不足と栄養不足により、健康上の問題があります。
さらに、普通の子供に比べて、学力も極端に低い可能性もあります。
8歳になるホームレスの子供の3人に1人は重度の精神障害を持っています。
NCFHの調査によれば、ホームレスの子供の状況が悪かったのは、アラバマ州、ミシシッピ州、カリフォルニア州です。
2010年に大規模な住宅差し押さえが行われたため、以来全国で100万人の規模でホームレスが増加しています。
現在では、アメリカの子供たち30人に1人は屋根のない生活を送っています。

childhood-homelessness-01

childhood-homelessness-02

childhood-homelessness-03

childhood-homelessness-04

childhood-homelessness-05

childhood-homelessness-06

childhood-homelessness-07

childhood-homelessness-08

childhood-homelessness-09

childhood-homelessness-10

childhood-homelessness-11

childhood-homelessness-12

childhood-homelessness-13

childhood-homelessness-14

childhood-homelessness-15

Source