ボ・カープ;南アフリカの伝統の原点でもあり、悲しい歴史を持つ、ケープタウンのカラフルな街 14P 2V

ボ・カープは、市の中心部のシグナル・ヒルにあり、ケープタウンの中でも最も古く、魅力的な住宅街の一つです。
この地区の特徴はなんといっても色鮮やかな色彩に塗られた家と、18世紀に建造されたロマンチックな石畳の通りです。
ボ・カープの住民は、16-17世紀に、オランダ人によってマレーシア、インドネシア、インド、スリランカ、その他様々なアフリカ諸国から連れてこれられた奴隷の子孫です。
これらの奴隷たちは、マレーシア人であるかどうかに関わらず「ケープ・マレー」と呼ばれていました。
イギリスがオランダからケープタウンを獲得した1795年に続く40年間に、宗教の自由、奴隷貿易の廃止、そして最終的には奴隷制度の廃止などの、一連の好ましい変化が起こりました。
開放された奴隷たちはボ・カープに新しいコミュニティを形成し、この地区は現在でもマラヤ・クォーターと呼ばれています。
このコミュニティは、東南アジア諸国とアフリカ人との結婚によって作られた独特のケープマレー文化とイスラム教徒で構成されています。
多くの女性はイスラム教徒の男性と結婚するためにイスラム教に改宗しました。
通りの両側にある色鮮やかな家は、この地区のイスラム教徒のアイデンティティを祝福する技術革新です。
以前は、ケープタウンのすべての住宅は白く塗装されていました。
その後ボ・カープの住民はイードのお祝いのために、自宅を鮮やかな色彩で塗り始めました。
隣人同士で色の衝突を避けるように、使用する色を決めていきました。
ボ・カープの文化的な遺産は多様で、音楽、ダンス、食べ物などに反映されていて、多くの伝統的な南アフリカ料理はケープマレーに由来しています。

bo-kaap-01

bo-kaap-02

bo-kaap-03

bo-kaap-04

bo-kaap-05

bo-kaap-06

bo-kaap-07

bo-kaap-08

bo-kaap-09

bo-kaap-10

bo-kaap-11

bo-kaap-12

bo-kaap-13

bo-kaap-14

Source