ククル・ティハール、ネパールの犬を祝福する犬祭り 18P 2V

今年は数千匹の犬が祭りの行事として食べられてしまう楡林犬肉祭りの話題で持ちきりでしたが、すぐ隣りのネパールでは、素晴らしい方法で犬を祝う祭り、ククル・ティハールが行われています。
ククル・ティハールは毎年10月に開催されます。
ネパールのヒンドゥー教徒は、動物を祝福する光の祭り、ティハールを行い、牛や犬を花で飾り、ティカという赤い粉を額に付けます。
この祭典は5日間行われ、その2日目がククル・ティハールと呼ばれる犬を祝福する日です。
警察犬の奉仕活動に対するコンテストが行われ、表彰されたります。
祭りの最初の日は、ヒンドゥー教において死のメッセンジャー、ヤマラージャと考えられているカラスの日です。
犬は2日目に、ヒンドゥーの神、バイラヴの象徴として祝福されます。
3日目は、富の女神、ラクシュミーの象徴と考えられている雌牛が祝福されます。
4日目には雄牛が大地の象徴として祝福されます。
最終日には、自分たちの兄弟姉妹が祝福されます。

nepal-kukur-tihar-festival-01

nepal-kukur-tihar-festival-02

nepal-kukur-tihar-festival-03

nepal-kukur-tihar-festival-04

nepal-kukur-tihar-festival-05

nepal-kukur-tihar-festival-06

nepal-kukur-tihar-festival-07

nepal-kukur-tihar-festival-08

nepal-kukur-tihar-festival-09

nepal-kukur-tihar-festival-10


nepal-kukur-tihar-festival-11

nepal-kukur-tihar-festival-12

nepal-kukur-tihar-festival-13

nepal-kukur-tihar-festival-14

nepal-kukur-tihar-festival-15

nepal-kukur-tihar-festival-16

nepal-kukur-tihar-festival-17

nepal-kukur-tihar-festival-18https://www.youtube.com/watch?v=qbPuDhGluy4

Source, Source