フクロネコ(クォール)、チッチャ可愛い、水玉模様のネコのような有袋類 33P 2V

東部フクロネコは、オーストラリアの森林に生息する中型の肉食有袋類で、本土では絶滅したと考えられています。
しかし特にタスマニアなどの本土以外の地域では広く生き残っています。
大きさは、体長20-28cm、尻尾の長さ66cm、平均体重1.1kgで、家猫と同じくらいの大きさです。
東部フクロネコの特徴は、先が細くなった鼻、尖った耳、4つの足は短足で、他の6種のフクロネコと簡単に見分けがつきます。
さらに白い水玉模様の淡黄褐色または黒に近い色の厚い毛皮を持っています。
1963年、東部フクロネコは本土では絶滅しました。
しかしタスマニアでは一般的に生息しています。
東部フクロネコは、森や乾燥した草原を好むので、500m以下の熱帯雨林や山岳地帯、低木林、やせ地に多く見られます。
食料の大部分は肉食ですが、特に夏の間は植物や野菜も食べます。
夜行性なので、夜間に昆虫や鳥類、爬虫類、小型の哺乳類を捕獲し、昼間は、巣穴や中空の木の幹などで過ごしています。
東部フクロネコにとっての脅威は、違法な罠や毒、野生ネコの捕食などです。
タスマニアには、キツネやディンゴが少なかったので、生き残っていると考えられています。

猫じゃないけど、フクロネコ、水玉模様の小さなハンター 14P 3V

quoll~01

quoll~02

quoll~03

quoll~04

quoll~05


quoll~06

quoll~07

quoll~08

quoll~09

quoll~10

quoll~11

quoll~12

quoll~13

quoll~14

quoll~15

quoll~16

quoll~17

quoll~18

quoll~19

quoll~20

quoll~21

quoll~22

quoll~23

quoll~24

quoll~25

quoll~26

quoll~27

quoll~28

quoll~29

quoll~30

quoll~31

quoll~32

quoll~33

Source, Source