シップロック、西部劇で重要な役割を果たす、ナバホ族の神聖な舟型の岩山 25P 2V

ニューメキシコ州の北西部にあるこの神秘的なシップロックは、30-40万年前に火山が噴火して起こった結果です。
主要部分は、高さ600m、直径500m、海抜2300mです。
シップロックとは船の鼻先に似ていることに由来する名前ですが、ナバホ・インディアンはビット・ツェーと呼んでいました。
この地域の多くの先住民は、その神秘的な岩の形から神聖なもんであると考えています。
さらには、ワイルド・ウェストへやってくるアメリカの入植者たちにとって重要な目印だったので、西部劇のさまざまな映画においても重要な役割を果たしています。
shiprock-01

shiprock-02

この山は1939年カリフォルニアの「シエラ・クラブ」が登頂に成功しましたが、ナバホ族にとって登山は神聖な山を汚すことになるので、現在は禁止されています。
shiprock-03

シップロックは多くのロック・クライマーにとって魅力的な山なので、ネイティブ・インディアンの信念や感情にも関わらず、ナバホ登山許可証が発行されないまま登る人たちが絶えません。
多くのクライマーが死亡し、シップロックへの道には死者を悼むプレートが設置され、後続者への危険性を警告しています。
shiprock-04

シップロックへは、「悪魔」また「獣の数」とも呼ばれる高速道路666号によって到達できます。さらには「スピードウェイ・サタン」や「悪魔の通り道」とも言われています。
最も神秘的なシップレックの付近では、UFOが多く見られます。
shiprock-05

シップロックは、数百万年前にプレートの衝突で持ち上がった台地の弱い部分が侵食によって削られた、岩の孤島の一種です。
このような岩は高原にのみ可能で、どの大陸にもあり、材質の異なる岩であるため、オーストラリアで知られているウルルのように、神聖または神秘的な意味を与えられています。
shiprock-06

shiprock-07

shiprock-08

shiprock-09

shiprock-10

shiprock-11

shiprock-12

shiprock-13

shiprock-14

shiprock-15

shiprock-16

shiprock-17

shiprock-18

shiprock-19

shiprock-20

shiprock-21

shiprock-22

shiprock-23

shiprock-24

Source