マリ共和国では、伝統の布地、バザンを使ったファッションで国おこし 19P

西アフリカのマリ共和国では、フォーマルな装いの生地はバザンと呼ばれるダマスク織りの生地しかありません。
バザンとは、独特の光沢を持った繊細で重い綿織物で、非常に人気があります。
服飾産業がバザンの衣類を中心に成長していますが、ほとんどの材料はまだ輸入に頼っています。
経済が不振な中、マリの製造産業を成長させるべくいくつかの工場が立ち上がっています。
ロイターの写真家、ジョー・ペニー(Joe Penney)がマリの首都バマコでバザン・ファッションを撮影しました。


ファッションに目覚めたコンゴの若者たち、サプール 25P 2V

bazin-industry-in-mali-01

bazin-industry-in-mali-02

bazin-industry-in-mali-03

bazin-industry-in-mali-04

bazin-industry-in-mali-05

bazin-industry-in-mali-06

bazin-industry-in-mali-07

bazin-industry-in-mali-08

bazin-industry-in-mali-09

bazin-industry-in-mali-10

bazin-industry-in-mali-11

bazin-industry-in-mali-12

bazin-industry-in-mali-13

bazin-industry-in-mali-14

bazin-industry-in-mali-15

bazin-industry-in-mali-16

bazin-industry-in-mali-17

bazin-industry-in-mali-18

bazin-industry-in-mali-19

Source