世界各地の華やかで美しいステンドグラスのある建物 22P

エラワン博物館、サムットプラーカーン、タイ

バンコクの郊外にあるこの博物館-寺院があります。
3つ頭の象があるだけでなく、非常に稀な例としてのタイのステンドグラスがあります。
そばには石畳や滝、緑豊かな庭園もあります。
stained-glass-windows-so-beautiful-01

グランホテル・シウダッド・デ・メキシコ、メキシコシティ

このティファニーのステンドグラスの天井に、ルイ15世スタイルのシャンデリア、金色のオープン・エレベーターなどとあいまって、このホテルの有名なエレガントな雰囲気を作っています。
stained-glass-windows-so-beautiful-02

キングス・カレッジ・チャペル、イングランド

このチャペルの建設は1446年に始まりましたが、ステンドグラスの窓が完成したのは、その85年後でした。
この大学やチャペルの創設者、ヘンリー六世が描かれています。
stained-glass-windows-so-beautiful-03

ギャラリー・ラファイエット百貨店、パリ、フランス

創業者の一人、テオフィル・バデールは、贅沢なバザールをコンセプトに、店内の装飾を任せるために多くのアーティストを集めました。
ステンドグラスは、ガラス細工師のジャック・グリュベールが担当しました。
stained-glass-windows-so-beautiful-04

カタルーニャ音楽堂、バルセロナ、スペイン

ステンドグラスとしては唯一UNESCOの世界遺産に登録されています。
カタルーニャ音楽堂は、ドメネク・イ・ムンタネー によって設計された「魔法のオルゴール」と呼ばれています。
stained-glass-windows-so-beautiful-05

ラサグラダファミリア、バルセロナ、スペイン

年間200万人以上の観光客が訪れるこの大聖堂は、バルセロナで最も人気のある観光スポットです。
設計者であるカタロニアの建築家、アントニオ・ガウディは1926年に無くなりましたが、この教会は未だに建築中で2030年に完成予定です。
stained-glass-windows-so-beautiful-06

ヨーク・ミンスター、ヨーク州、イギリス

ヨーク・ミンスターには、イギリスにおける中世のステンドグラスの60%を見ることが出来ます。
グレイト・イースト・ウィンドウは、世界最大の中世のステンドグラスの窓になります。
stained-glass-windows-so-beautiful-07

感謝祭広場のスパイラル・チャペル、ダラス、アメリカ

この螺旋状のグローリー・ウィンドウは、フランスのステンドグラス作家、カブリエル・ロアールによって設計され、2000年の国連切手として発行されています。
stained-glass-windows-so-beautiful-08

聖セバスチャン大聖堂、リオデジャネイロ、ブラジル

大聖堂は円錐形のデザインになっているので、4本の64mのステンドグラスが、天井の十字架に美しく到達できるようになっています。
stained-glass-windows-so-beautiful-09

ノートルダム寺院、パリ、フランス

ジャン・ド・シャルルとピエール・ド・モントルイユによって設計された、南側のバラ窓は、1260年に建立されて以来、何度も損傷しています。
修復とパネル移動の回数が多すぎて、オリジナルのデザインは不明のままです。
stained-glass-windows-so-beautiful-10

グロスミュンスター大聖堂、チューリッヒ、スイス

ドイツ人の画家であり写真家のシグマ-・ボルケは、2006年の招待コンペで優勝し、3年間かけてグロスミュンスター大聖堂の12教会のウィンドウの設計を行いました。
12教会のうち7つの教会のステンドグラスは薄く切り取った瑪瑙が飾られています。
stained-glass-windows-so-beautiful-11

シエナ大聖堂、イタリア

アーティスト、ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャにより1288年に作成された聖歌隊のステンドグラスはシエナ大聖堂にあり、イタリアで最古のステンドグラスの一つです。
stained-glass-windows-so-beautiful-12

シャルトル大聖堂、フランス

シャルトル大聖堂は1979年にユネスコの世界遺産に登録されました。
20世紀後半は、176のステンドグラスのウィンドウを大気汚染による損傷からの保護するために費やされました。
stained-glass-windows-so-beautiful-13

サント・シャペル、パリ、フランス

サント・シャペルは、ルイ9性の宗教的遺物のコレクションを収納するために1248年に作製され、聖なるチャペルという意味です。
2015年5月には、巨大なステンドグラスの窓は、7年間かけた細心の仕事の結果として復元されました。
stained-glass-windows-so-beautiful-14

聖ヴィート大聖堂、プラハ、チェコ共和国

聖ヴィート大聖堂は、アール・ヌーヴォー様式の芸術家、チェコスロバキアのアルフォンス・ミュシャによってデザインされました。
ミュシャは、作品に美しく若い女性を描いていて、商業美術家として有名です。
stained-glass-windows-so-beautiful-15

ヴィクトリア国立美術館、オーストラリア

オーストラリアのアーティスト、レナード・フランスは、ヴィクトリア国立美術館の世界最大の吊りステンドグラスの天井の一つを作製しました。
1986年に、「オーストラリア文化的テロリスト」と名乗るグループによって、ピカソの「泣く女」がこのギャラリーで盗まれたことは有名な話です。
絵画は数週間後に戻ってきました。
stained-glass-windows-so-beautiful-16

ナシル・アル・ムルク、シーラーズ、イラン

モスクは通常外側に向かって表現されますが、このモスクは、その万華鏡のような室内の照明によりレインボー・モスクまたはピンク・モスクとして有名です。
ある日本の写真家は、このモスクは朝の太陽を捕まえるために構築されていると指摘しています。
stained-glass-windows-so-beautiful-17

ワシントン国立大聖堂、アメリカ

この大聖堂は、1990年9月29日から83年の歳月をかけて完成しました。
全体で231のステンドグラスの窓があります。
stained-glass-windows-so-beautiful-18

グレース大聖堂、サンフランシスコ、アメリカ

公式サイトによると、グレース大聖堂は、7290平方フィートに及ぶ、68の名前の付いたウィンドウがあります。
この大聖堂は、マーチン・ルーサー・キング・ジュニア博士(1965)を始めとする多くの著名人の講演に使用されました。
stained-glass-windows-so-beautiful-19

シカゴ文化センター、シカゴ、アメリカ

シカゴ文化センターは元は1897年に市内初の公共図書館として建立されました。
30,000個以上のガラスのパーツで構成された世界最大のティファニー・ドームを誇っています。
また中心部には、50,000個のパーツで構成された、ヒーリー&ミレー設計のルネッサンス様式のドームがあります。
stained-glass-windows-so-beautiful-20

マッペリアム、ボストン、アメリカ

建築家チェスター・リンジー・チャーチルによって設計sれたマッペリアムは、1935年当時の世界を3次元的視点で表現しています。
この歴史的な作品は、1998-2001年にかけてLED照明を使用するように改装されました。
stained-glass-windows-so-beautiful-21

オランダ視聴覚研究所、オランダ

オランダ視聴覚研究所は、2007年のタイムズ誌の建築レビューで、カラフルなガラス・パネルの豪華な皮膚に包まれた、建築家、Neutelings Riedijkの最もゴージャスな作品と評されました。
stained-glass-windows-so-beautiful-22

Source