アンコールの遺跡群、トゥームレイダーとインディ・ジョーンズの重要なロケ地 35P 2V

むかしむかし、1580年ごろ、ポルトガルの宣教師が、うっそうとしたカンボジアのジャングルをかき分けた先に、根とつるで覆われた岩に刻まれた巨大な塔に出くわしました。そしてマンハッタンの2倍はあろうかと思われる、自然に飲み込まれようとしている失われた都市を発見しました。
この宣教師が、500エーカーもある、世界最大の宗教的な建造物の一つであり、数多あるアンコールの寺院の中でも持っとも精巧なアンコール・ワットを発見しました。
アンコールには、カンボジア王国が世界で最も強力な文明の一つであった9世紀から13世紀に構築された寺院が1,000以上もあります。
アンコールがタイ軍に掌握された1431年以降にはいかなる碑文もほとんど発見されていません。
全盛期には100万人の人々がアンコールには住んでいました。
現在考古学者は、アンコールワットと周囲の建造物はヒンドゥー教の神のアスラとその神々をなだめるために建設されたことが分かっています。

トゥームレイダーとインディ・ジョーンズ/魔宮の伝説はここで撮影されました。

アンコール遺跡公園は、1992年にユネスコの世界遺産に登録されました。

新しい研究によって、アンコールワットの巨大な石を移動した方法が解明されたようです。
建築に使用された巨大な砂岩は、何百もの運河によって運ばれました。
全体で数トンにも及ぶ500万から1000万個のブロックは、近くの山の砕石場から運んで寺院を建てました。
アンコールの木や根は排除されつつあり、年間300万人の観光客が訪れています。
彼らが歩きまわるために、アンコールの遺跡群をさらに傷つけているという現実もあります。

インディ・ジョーンズを彷彿とさせる”Echoes of Silence”

tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-01

アンコールワットを写す池の前に立つ僧侶たち

tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-02

アンコールワットの空中写真

tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-03

タ・プロームの象徴的な巨木の根、シュムリアップ

tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-04

アンコール・トムの南門につながる道に並ぶ神秘的な彫像

tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-05

僧侶は敷地内で瞑想中に霊と通信すると言われています

tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-06

アンコール・トムの東側にある、12世紀頃に建造された2つの小さな寺院

tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-07

10世紀に建てられその後再建された3層ピラミッドのピミアナカス

tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-08

アンコール・タプロームの仏教寺院の繊細なレリーフが施された廊下

tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-09

アンコール・トムのロイヤルスクエアにある王のテラスの隠れ壁の砂岩のレリーフ

tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-10

バンテアイ・スレイ(左)はヒンドゥー教の神シヴァ神に捧げられた寺院で、バンテアイ・サムレ(右)はアンコールワットの聖域塔形式の寺院

tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-11

タ・プローム

ジャングルと遺跡の印象的な組合せのため最もフォトジェニックで、最も訪問者の多い寺院です
tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-12

宝物への秘密の通路

アンコールワットに多くの人が訪れてからも、この寺院は離れた場所に孤立してあったので、何世紀にもわたって発見されませんでした。
tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-13

バンテアイスレイ寺院

クメール美術の宝石と賞賛されています。
tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-14

プレループ

アンコール遺跡公園内の寺院の遺跡の一つです。
tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-15

タ・プロームの有名な無への入口

多くの観光客が訪れていますが、かなり崩壊の危険があります。
tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-16

左はタプロームで遺跡を飲み込む木の根、右はアンコールワットの時間に飲み込まれた遺跡

多くの観光客が訪れ、大規模な修復が進んでいるそうですが、遺跡を抱くこれらの木も取り除かれてしまうのでしょうか。
tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-17

1965年に撮影されたアンコールワット

巨木の根がすでに寺院を粉砕しています。
tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-18

アンコール・トムの象のテラス

東に350mの長い象の彫刻があったので命名されています。
tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-19

素晴らしく神秘的な、古代の、美しいアンコールには必ず訪れた方がいいでしょう

tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-20

プリヤ・カーン寺院遺跡

tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-21

ニャック・ポアン寺院の人口島

tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-22

アンコールトムのライ王のテラス

tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-23

12-13世紀に建てられたアンコール・トムのバイヨン

バイヨンの塔の周りには、216の巨大な石の顔があります。
tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-24

自然が寺院を再生しています

仏像は木の根に飲み込まれています。
tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-25

13世紀のバイヨン・クメール仏教寺院

tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-26

プノンバケン

アンコールワットとバイヨンの間にあり、丘を少し登ると夕日の絶景ポイントです。
tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-27

アンコールトムの12の塔のシリーズ、プラサット・スゥル・プラット

tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-28

プラサート・プリヤ・パリレー

tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-29

タ・プローム寺院の木の根

見る人の冒険心をくすぐります。
tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-30

アプサラス

12-13世紀のバイヨン形式の砂岩の像。
tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-31

左は:アンコール・トマノン・リリーフ、右はバイヨン寺院の石像

tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-32

12世紀の仏教遺跡

tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-33

スラ・スランの池

10世紀半ばに掘られた池は、街へとつながる階段があり、2匹のライオンが守っています。
tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-34

アンコールワットの夕焼け

寺院の複合体は、海を象徴する幅174mの幅広い堀に囲まれています。
tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-35

アンコールワットの夕焼け

tomb-raider-temple-of-ancient-angkor-36

Source