アメリカ英語とイギリス英語の違い 13P

ウィキペディアによれば、英語はまずバージニア州ジェームズタウンで1607年に始まり、イギリスの植民地化によってアメリカ大陸に広りました。
イギリスの貿易と他国の植民地化にともなって、世界の数多くの地域に広がり、1921年にはおよそ5億人、世界の人口の4分の1の人々に広がっていきました。
新聞や教科書に見られる英語は、イギリスとアメリカでは本質的な特徴はほとんど変わりませんが、メディアによっては異なる場合もあります。
このような公式な書き言葉の英語は標準英語と呼ばれることが多いです。
イギリス英語の口語体は、方言などの長い歴史を繁栄して、隔離された集団の中などではかなり変化しています。
イギリスでは方言、使用される単語、アクセントなどは、イングランド、北アイルランド、スコットランド、ウェールズなどの間で変化します。
アメリカの口語体も、マスコミと地理的、社会的流動性の結果として、非公式の標準語として発達しています。
ローカルのニュースキャスターは、より偏った語法になってしまう傾向はありますが、ネットのニュースキャスターから聞いた英語が、非地域的な語法として話されています。

british-and-american-english_-differences-01

british-and-american-english_-differences-02

british-and-american-english_-differences-03

british-and-american-english_-differences-04

british-and-american-english_-differences-05

british-and-american-english_-differences-06

british-and-american-english_-differences-07

british-and-american-english_-differences-08

british-and-american-english_-differences-09

british-and-american-english_-differences-10

british-and-american-english_-differences-11

british-and-american-english_-differences-12

british-and-american-english_-differences-13

british-and-american-english_-differences-14

british-and-american-english_-differences-15

british-and-american-english_-differences-16

Source